2007年12月31日

19.就寝

スズキさんは翌日に仕事を控えており、朝のバスで駅に向かうということだった。
どうやらマークも帰りの電車の切符を予約しているらしく、同じバスで駅に向かうらしい。
時刻は既に3時を回っていた。
朝のバスは混むので、5時ぐらいにバス停に向かうというスズキさんは、体力の続く限り時間を潰すらしい。
寝るにしても、マークと合流する予定なので、車の方で寝るとのこと。
俺はテントで寝たかったので、ここでスズキさんと分かれた。

真夏とはいえ、ここは新潟の山中。
夜になると非常に冷える。
実際の気温が何度だったかは忘れてしまったが、体感温度は大阪の真冬と変わらない程度だった。
とにかく寒い。
既に雨合羽を着てはいたが、それでも寒さを完全に防ぐというわけにはいかず、ブルブル震えながらキャンプサイトに入った。

そして迷った。

なるほど、タラが迷ったのも頷ける。
これだけのテントの中から、自分達のテントを探し出すのは至難の業ではないか。
もしかして、実は誰一人テントに辿り着いていないのではないか、と思いつつ30分ほどキャンプサイトをさまよった結果、無事テントに辿り着いた。

社長の方のテントを見てみると、既に3人が寝ていた。
オールスタンディングで8人収容のテントは、だが、3人で寝るのが精一杯のようだったので、俺は仕方なく中原さんの方の、テントという名の屋根つき蚊帳に入った。
入ったものの、テント内の温度は外気と全く変わらなかった。

さらに、こちらのテントは、地面がむき出しになっていた。
そういえば、ホテルの売店でシートか何かを買わなければならない、とかなんとか言っていたのだが、忘れていた。
社長の荷物にレジャーシートが2枚入っていたのだが、その2枚は先着の2名に占領されていた。

1人はタッキー。
雨合羽をまとい、マヌケ面で眠っていた。
もう1人は・・・誰だ?

タッキーの他にもう1人眠っていたのだが、顔が確認できない。
まっすぐ気をつけの形で眠っているのだが、頭の部分は雨合羽のフードで隠れていた。
これが、仰向けに雨合羽を前後逆に着て顔にフードを被せているのか、うつ伏せで額を地面につけているのかが判別できない。
それ以前に、生死すら定かではない。

とりあえず俺は、真鍋からペラッペラのシートをもらっていたので、それにくるまって寝ることにした。
シートを広げてガサガサしていると、一瞬タッキーが目を覚ましたので、
「タッキー、これ誰?」
と、正体不明表裏不明生死不明の存在を指して訊ねてみると
「ん・・・中原さん」
と一言だけ言って再び眠りに就いた。

表裏と生死についてはともかく、正体は明かされたので、とりあえず一安心して俺は眠りに就いた。
ペラッペラのシートだが、くるまってみると意外と暖かい。
なるほど、NASAがどうのこうので断熱がどうとかこうとかいう表現に、誇張はあれどまったくの虚構ではないのかもしれない。
ただ、その薄さゆえ、体に伝わる土の感触だけはどうにも解消出来ず、快適とは程遠い就寝となった。
posted by hilao at 12:13| Comment(1) | 本文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。