2007年09月29日

11.到着

東京〜新潟間の道は結構な混み具合だった。
渋滞というほどでもないが、それでもすこし遅めの行軍となり、サービスエリアはどこも人で一杯だった。
季節は夏本番に入ったばかりで、首都圏から郊外へ向かう多くの人の中の何割かは、苗場を目指しているのだろう。

会場近くのインターで高速道路を降りた一行は、まずコンビニに寄った。
すでに前日から会場入りしているタッキーから、電池やらタオルやらの雑貨を頼まれていたのだった。
そのコンビニは、私が普段働いているのと同じ系列のコンビニだったが、完全にフジロック仕様になっていた。
買い物カゴの中には一枚ずつ『フジロック必需品一覧』として、雨合羽やらタオルやらの品目がかかれており、店内にも特設コーナーのようなものが設けられ、私の働いているのと同じ系列の店とは思えないほどだった。

コンビニで買い物がてらの小休止を終えた一行は、いよいよ苗場スキー場に到着した。
苗場プリンスホテルの駐車場に着いた一行は、先に着いていたタッキー、社長、中原さんと合流した。
昨日の夜に社長の車で苗場入りしたタッキーと社長は少々お疲れ気味の様子だったが
「さっきナチュラル・ボーン・キラーズに出とったコに会えたから俺は機嫌いいねん」
と、社長は相変わらずアホなことを言っていた。
「しかし、なんでジュリエット・ルイスがおるの?」
誰に問うでもなく俺が口にすると
「今年出演してるんですよ」
と答えてくれたのは雄作だった。
「え?あのコ音楽やってんの?」
「結構かっこいいですよ」
「へええ」
なるほどここはフジロックの舞台裏。
各国の有名人と、いつ出くわしてもおかしくない場所なのは確かだ。
posted by hilao at 11:21| Comment(0) | 本文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。