2007年08月12日

04.作戦名【神々の黄昏】

SIBERIAN-NEWSPAPERは、結成翌年から毎年海外フェスへ出演すべく尽力している。
スイスの【モントルー・ジャス・フェスティバル】とカナダの【モントリオール・ジャズ・フェスティバル】へは、毎年応募しているのだが、残念ながら未だに参加は実現していない。
もちろんそのたびにメンバー間では
「なんで!?」
が連呼されるのだ。
昨年はマンチェスターで行われた【In The City】に出演できたが、今年は1つも海外フェスに出られそうにない。
しかし、来年は上記二つに加えてイギリスの【グラストンベリー・フェスティバル】にも出る予定だ。
「本当に出られるの?」
なんて声も聞こえそうだが、言うのはタダなのだ。

2007年の主要な海外フェスに出られないことが決まった我々にとって、フジロックは最後の望みだった。
だが、春が過ぎ、初夏が訪れても出演決定の報がない。
出演交渉にあたっていた中原さんからは
「内定はもらってる。でもねぇ、まだ確定じゃない」
という状況説明をいただき、その状態が随分長いこと続いた。
フジロックに限らずこういった夏フェスは、まずスケジュールを押さえにくい海外の大物アーティストから出演を決定していくのだそうな。
そして知名度の高い国内アーティストを決めていき、我々のような無名国内アーティストは一番後回しにされるのだ。
そのため、出演アーティストが続々と報じられる中、SIBERIAN-NEWSPAPERの出演は未だ決定しないまましばらく時間が過ぎた。

そしてフジロックの開催を約2ヶ月後に控えた5月の終わりごろのこと。
いつもどおり深夜のコンビニで働いていた俺は、休憩中に携帯電話を手に取った。
すると、待ち受け画面にメール着信のお知らせが出ていたので、そのメールを開いた。

差出人:阿守
件名:フジロック出演決定
本文
作戦名「ラグナロック」
手がちぎれるまで叩け!

SIBERIAN-NEWSPAPERのフジロック'07への出演が決定した。
posted by hilao at 14:00| Comment(0) | 本文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。