2007年07月31日

01.フジロックとはなんぞ?

フジロック・フェスティバルというものを俺が知ったのはいつ頃だろうか。
2007年で11年目を迎えるということは、俺が四国の片田舎から大阪に出てきたのと時期的にはほぼ符合する。
が、もちろんその時点でフジロックなるものの存在は知らなかった。

それから数年経つうちに、サマソニやらライジングサンやらラッシュボールやら、いわゆる”夏フェス”が雨後の筍のように現れ始め、その中の1つとして、フジロックを認識し始めるようになったわけだが、正確にいつ知ったかという確かな記憶はない。
音楽に対してそれほど興味のない人が、
「そういえばフジロックとかいうでかいイベントがあるらしいね」
という認識と、それほど変わらないのではないか。
事実、出演が決まった段階でも、俺はフジロックなるイベントが一体何処で開催されているのか、ということすら知らなかったのだから。

フジロックを明確に意識し始めたのは、2003年だか2004年だか。
SIBERIAN-NEWSPAPERの前に阿守とやっていたバンドで、フジロックの” ROOKIE A GO-GO”のオーディションに応募したときだと思う。
その時はあえなく落選し、そのバンドでは結局フジロックに参加することは出来なかったわけだが。
その時点でも俺はフジロックというものを、それほど強く意識してはいなかった。

それから数年後、SIBERIAN-NEWSPAPERを組閣し、再びフジロックに挑むわけだ。
posted by hilao at 11:50| Comment(0) | 本文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。