2008年01月03日

22.終宴

当初、せっかく自然の綺麗なところにきたのだから、大自然をバックにアーティスト写真を撮ろうではないか、との予定だったのだが、
「一刻も早く帰って寝たい」
という阿守の意見と、それに同意するメンバーの意向により、写真撮影は却下された。
第一、大自然が似合うようなバンドでもないし。
代わりに、駐車場でレポート用のしょーもない写真を撮った。

「一刻も早く帰りたいが、それよりも先に風呂に入りたい」
と誰かが言った。
結局、昨夜入浴したのは俺と山本さんぐらいだった。
ちなみに中原さんはまだ現場に残るらしく、既に一行から離脱している。

「近くにいい温泉がありますよ」
幼少の頃、合宿か何かで苗場プリンスホテルを訪れたことのある雄作がそう言ったので、少し遠回りになるが、温泉へ向かった。

温泉に到着するや、一行のほとんどが喜び勇んで浴場に駆け込んだが、阿守だけは入らなかった。
この男、公衆浴場が大嫌いなのだ。
曰く
「美女に囲まれての入浴ならいざ知らず、知らんオッサンの裸に囲まれての入浴なんて、狂気の沙汰だよ」
とのこと。

阿守を覗く一行は見晴らしのいい露天風呂に入った。
ぬるま湯で疲れを癒していると、ここにも蜂登場。
周囲を見回してみると、さっきまで確かにいた雄作の姿が見えない。
数十秒ほどしたあたりで、水面がせりあがり、雄作が少しだけ顔をだした。
なるほど、湯中に潜って難を逃れようとしたらしい。
雄作は注意深く辺りを見回したあと
「ボクもう出ます」
といって露天風呂を後にした。

温泉をあとにした一行は帰路に着いた。
これにて『SIBERIAN NEWSPAPER、フジロック苦難の旅』は終わりを迎えたのだった。


「そういえば、隣のテントのヤツが、来年のフジロックがどうのこうのって言うてたで」
と、思い出したように言った。
それを聞いたタッキーが
「今年のフジロックが終わったときから来年のフジロックが始まる、ていうもんなぁ」
と、出来の悪い格言めいたものを口にした。

もしフジロックに来る前にその言葉を聞いていたら
「出演アーティストも決まってないのに、なにが来年のフジロックじゃ」
と一笑に付していただろう。
だが実際フジロックの会場に来てみると、多くのフジロッカーたちは出演アーティスト云々以前に、フジロックフェスティバルそのものを楽しんでいるようだった。
実際、2007年フジロックには目玉アーティストがいない、といわれていた。
にも関わらず、チッケッとの売上げは決して悪くないものだったらしい。

2008年も多くのフジロッカーたちがこの地を訪れるだろう。
そこにSIBERIAN NEWSPAPERの名があろうとなかろうと。
だが、願わくば2008年もこの地に名を列ね、より多くのフジロッカーたちを魅了したものだ。


グズなオイラがフジロック
−おわり−
posted by hilao at 07:36| Comment(48) | 本文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。